永久脱毛の効果が高い

現在では、医療機関ではレーザー脱毛が主流ですが、こうした施術が登場する前はニードル脱毛が主流でした。毛穴に針を差し込み微弱電流や高周波を流し、毛根や毛乳頭を破壊していく方法です。時間が掛かることや強い痛みがあることがデメリットですが、永久脱毛の効果に優れていることがメリットです。現在では、全身脱毛に利用されることはほとんどありませんが、レーザーで処理しきれなかった毛の処理や、硬毛化した毛の処理に役立てられています。一本ずつ処理していきますので、毛の量が調整しやすいのもメリットです。最近は男性のヒゲ脱毛も人気となっていますが、自然にヒゲを薄くしたい場合やデザインをしたいときにもニードル脱毛は向いています。

薄い色の毛もスムーズに処理できる

レーザー脱毛やエステサロンの光脱毛はメラニン色素に反応させる方法です。それゆえ、ホクロやタトゥーがある部分は避けて照射をすることが一般的です。日焼けをしている場合も火傷のリスクが高まることや、脱毛の効果が出にくいこともあり、肌の色が落ち着くまで施術を休むことも珍しくありません。その点、ニードル脱毛はメラニンに関係なく施術ができますので、タトゥーのある部分の処理などにも活用されています。白くなった毛や金髪などの薄い色の毛にも反応しやすいのも、光脱毛やレーザー脱毛にはないメリットです。ニードル脱毛では毛根だけではなく、臭いの原因となるアポクリン汗腺も一部破壊されるので、体臭が薄くなるということも利点といえるでしょう。