ニードル脱毛の施術の流れや仕組み

ニードル脱毛はアメリカ発祥の施術方法で、すでに150年ほどの歴史があります。その施術方法はどういうものかというと、専用の細い針に電気を通して脱毛をするというものです。まず脱毛したい部位の毛穴に1本1本、専用の針を差し込んでいきます。非常に細い針なので、痛みを感じることはほとんどありません。もし痛みを感じるようであれば麻酔クリームを塗ってもらうことも可能です。針をすべて刺し終われば電気もしくは高周波を流していきます。それによって毛根に直接ダメージを与えて毛乳頭を破壊します。そうすることで毛が生えてこなくなるというわけです。これでニードル脱毛の施術は終わりです。施術時間は本数によって変わってきますが、1時間から2時間くらいが平均的でしょう。

ニードル脱毛の種類とメリット

ニードル脱毛には種類がいろいろとあります。それによって若干の施術方法に違いが生じます。代表的なニードル脱毛は電気分解法です。この場合は電気針から直接電気を流します。また、フラッシュ法は針に電流ではなく高周波を流します。さらに、ブレンド法というものもあり、これは電気分解法とフラッシュ法を組み合わせたものです。 こうしたさまざまな種類のあるニードル脱毛を受けると、半永久的な脱毛効果を期待できます。それというのも、毛を生えさせる働きを持つ毛乳頭を破壊するので、毛が生えてくるメカニズムそのものを壊しているからです。また、他の施術のように肌質や肌の色を問わずに施術を受けることができるというメリットもあります。